じゃがいもの芽は毒?どれが芽で取り方はどうするのか動画で解決!

じゃがいも 食の知識

じゃがいもの芽は食べられる?
じゃかいもの芽は食べないでください!

じゃがいもの芽や、皮が緑色になったじゃがいもには、天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれているので取り除いて食べるようにしましょう。

また、家庭菜園などで作られた未熟で小さいじゃがいもは、ソラニンやチャコニンを多く含んでいることもあるので、注意が必要です。

じゃがいもの芽はどの部分?(画像)

じゃがいもの芽が出た画像と緑色に変わった画像引用:農林水産省

<取り除き方>

1) ジャガイモの芽を根元を含めて完全に取り除く(多少皮より内側の部分も含めて多めに除く)
2) ジャガイモの皮をむく。特に、緑色になっているジャガイモは、皮を深くむく(皮より内側の部分も含めて緑色になっている部分は全て除く)

じゃがいもの芽の取り方(動画)

じゃがいもの芽を食べたらどうなる?

じゃがいものの芽を食べると、吐き気、腹痛、下痢、嘔吐、けいれん、呼吸困難といった症状が現れるそうです。

農林水産省によれば、小学校の調理実習でのじゃがいもの芽による食中毒の事例が掲載されていました。

2015年1月22日、奈良県内の小学校で、校内で栽培・収穫したジャガイモを調理・喫食した51名のうち31名に吐き気、腹痛等の症状が出た。なお、残った粉ふきいもを分析したところ、100 gあたり19-39 mg(0.019-0.039 g)のソラニン類が検出された。
ジャガイモの芽(芽とその芽の根元)や、皮(特に光が当たって緑色になった部分)には、天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれているので、これらの部分を十分取り除くことが大切です。引用:じゃがいものによる食中毒を予防するために

じゃがいもの芽を出さない保存方法

じゃがいものは冷蔵保存はせず、風通しのよい冷暗場所に保管するのが一般的ですが、夏場はそうもいきませんね。2~3日で芽がでてしまいますので、我が家では冷蔵庫へ保存してしまいます。

たとえ、じゃがいもの芽が大きくなっていても、きちんと取り除くことで安全に食べることができます。

じゃがいもの芽を出さない保存方法と、芽が出てしまった場合の正しい取り除き方を知っていることが重要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました