卵の賞味期限切れはいつまでOK?ゆで卵や目玉焼きより生卵の方が長い!

食の知識

卵の賞味期限は驚くほど長いのをご存知ですか?しかも調理前の殻に入ったままが最も賞味期限が長いのは知らなかった人が多いのではありませんか?

卵のパックに記載されている賞味期限は生食できる期限です。

では、ゆで卵や目玉焼きなど調理をした場合の卵の賞味期限はどうなのか調べてみました。

生卵の賞味期限は意外にも長い

日本卵業協会によれば、冷蔵庫の温度10℃で保存をすれば57日間も生食ができるとしています。

しかし、生で安全に食べられる基準値は平均気温を考慮すると以下のようになります。

夏期(7~9月)産卵後16日以内
春秋期(4~6月、10~11月)産卵後25日以内
冬季(12~3月)産卵後57日以内
日本卵業協会
 
10℃の冷蔵庫で適切な保存がされ、殻にひびが入っていなければ賞味期限を過ぎていても加熱調理をすれば安心して食べらるようです。

けれど、保存状態が完璧であるかどうか?殻に目に見えないひびが入っていないかどうか?確実に安全を求めるのであれば、やはり表示されている賞味期限を守った方が良さそうですね。
 

賞味期限が過ぎたら、できるだけ早く加熱調理をしてから食べて下さい(加熱調理とは、中心温度70℃で1分相当が目安です)。
さらに、ひびの入っているたまごは、生食を避け、加熱調理をしてから食べてください。
日卵協

 

冬場は57日間ももつというのは驚きですが、夏場は特に賞味期限には注意した方がよいという事ですね。実際の賞味期限は、流通経路にかかわるパック事業者やバイヤーの話し合いにより、パック後2週間(14日)程度を賞味期限としている所が多いようです。

卵はサルモネラ菌の中毒が怖いですから、安全のために賞味期限を短めに決めているのだと思います。

食中毒が怖いサルモネラ菌

サルモネラ菌に汚染されている卵は一定割合で存在するようですが、冷蔵庫に保管をすること、調理する場合は70℃前後の温度で加熱するなど注意すれば大丈夫なようです。

サルモネラ菌に汚染されている卵は、おおよそ10万個に3個くらいといわれています。万一、卵内にサルモネラ菌が存在していたとしても適切な温度管理と保存期間を守れば生食できます。心配であればサルモネラ菌は70℃、1分で死滅するので加熱調理すれば安全です。
日本卵業協会タマゴQ&A

生卵による食中毒で死亡する事故は忘れたころに新聞記事でみかけます。やはり生食は注意したいものです。

卵の保存や調理の注意点

  • 生食の場合は、新鮮で殻にヒビがないものを賞味期限内に食べる。
  • 卵を割ったらすぐに料理をし、割ったまま保存することは避ける。
  • 卵は冷蔵庫で保存し、料理する時には十分に加熱をする。
  • 調理器具はよく洗浄し、熱湯や薬品などで消毒をする。
  •  
    忘れた頃に、卵の生食が原因で死亡する事故が起こります。特に夏場はサルモネラ菌による食中毒に注意しましょう。

    ゆで卵や半熟卵の賞味期限は?

    生卵の賞味期限はおわかりになったと思いますが、火を通した卵はどうでしょう?

    賞味期限が近くなると、とりあえずゆで卵にしてしまおう!と考えるのはよくありますが、ゆで卵や半熟卵の賞味期限は生卵より長いのでしょうか?

    まず、卵はゆで卵より生の方が日持ちします。

    ゆで卵にしても殻をむいてしまうと賞味期限は少なくなります。

    この2点に気をつけましょう。日本卵業協会によれば、固ゆでにした卵は10℃の冷蔵庫で3週間もつといいますが、殻にひびが入っていない状態を指しているので、早く食べるに越したことはないですね。

    生卵の場合は、卵白にあるリゾチームという酵素に抗菌作用がありますから長く日持ちしますが、加熱してしまうとリゾチームが失われていますので日持ちしにくくなってしまいます。

    卵を加熱するとリゾチームの効果はなくなりますから、ゆで卵だから安心という考えは間違いだとわかります。

    殻付きのままで冷蔵庫に保存した場合、1~3日で食べた方がいいでしょうね。半熟のゆで卵は傷みやすいので早めに食べましょう。

    半熟卵は、いわば中途半端な状態です。生卵のままであれば卵がもつ抗菌作用で守られていますし、固ゆでにされた卵であればサルモネラ菌があったとしても死滅しているでしょう。

    でも、半熟卵は半生の状態ですから、出来上がったら早々に食べてしまう分にはいいですが、何日も保存するのは不安が残りので早々に食べてしまった方がいいでしょう。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました